2012年

9月

14日

「色彩とコミュニケーション」の開催

午前は、CLE協会横浜校の梅沢講師の
「美色コーディネイト講座」“色を使って

自分自身を知る”講座で
イエローベース&ブルーベース理論を

使用した色彩レッスンを学びました。

梅沢先生がカラードレープを胸に当てると、

色によって全然雰囲気が変わるのを、
魔法でも見るように見入ってしまいました。

その後、ご参加の皆さんのベースカラーを、
CLE協会横浜校の講師の方々が自己人診断しました。

自分がイエローベースかブルーベースかを知ると、
洋服を選ぶときも、お化粧の色味も迷わなくなります。

さらに嬉しいことに、似合う色を身につけていることで
ちょっと自分に自信が持てたりするんですね。

きっと、笑顔力アップしますよ。

午後は、PHCのSAKURA講師による
「わたしもOK あなたもOK」
~互いの違いを感じてプラスに変える

アサーティブトレーニング~を学びました。

アサーティブトレーニングは本当の自分の

気持ちに気づき、それを認めて、
「自分も相手も大切」にしながら誠実に

率直に伝える、誰にでも有効な
コミュニケーションスキルのひとつです。

今回は、「ほめる、ほめられる」ワークを体験しました。

ほめことばは、良い人間関係を築きます。

自己信頼を築きます。

ほめられると、嬉しかったり、謙遜したり、否定したり…
でも、ほめ言葉をうけとることは自分と相手を

大切にすることになるんですね。

ほめる、ほめられるって日常でよくある場面ですが、
アサーティブな伝え方とポイントがわかると、

自分にも相手にも誠実でいられます。

但し人間はそれまでのコミュニケションパターンが

身に染み込んでいますから
急に変わることはなかなか難しいかも知れません。

SAKURAさんのアサーティブカウンセリングは
個々の場面でのコミュニケーションの悩みにも

対応しています。